雑記

良い日

業務が終わりダッシュで帰路へ。



車中で銀行から電話があり、昨日の今日という
たった1日の超スピード審査で無事OKを貰った。



帰宅しシャワーして着替え集合場所の店へ。




回らない鮨を食ってねーちゃんの居る店行って
ワハハのハ。



結果7人での食事会だったが自分は
タイミング的に常に社長の隣。



いやぁ、今日は賞与支給日だし
美味いモン食って社長と沢山話ができて
本当に楽しく良い1日だった。
(仕事の話はあまりせんかったな・・・)





振り返ると今年はこれまで悪い事が多かった。



そんな中、今日はいい事・楽しい事ばかりの日だった。



もしかしたら今年が始まってから
今日が1番楽しかった日かもしれない。



このまま今年が良い年になればいいなぁ。


















さて、







明日から9連休だ。


ちょっとの日だけ楽しい車イジリをして
後は引越し。







頑張るぞ。





















最後にドッサリ

今日、終業後に銀行担当者さんが
会社に来てくれた。


っで、、大量の書類やら何やらに
最後の記入と印鑑を押しまくった。



これで予定日通りに引き渡しが
行われるといいんだが、今の時点では
まだ確約できないとの事。



ん~、落ち着かんなぁ。



















気持ち悪い

社内で今まで敵だった上位面々が
最近になって掌を返し近寄ってくる。


今日なんて敵の1人の激対抗していた相手が
急に態度を変え、俺を褒めちぎってきて、
その後はアレやコレやと提案してくる。









何で下位の俺にそんな事言うんだ?

後ろで誰か糸引いてないか?

本当は俺の事嫌いだけど、更に上からの
指示で仕方なく擦り寄ってきてないか?



ってかもうそれが見え見え。






とどめに





「あなたの今後に大きくプラスになりますよ~」
「絶対に得になりますよ~」




っと、昇進を匂わせるセリフを
インチキ販売員ばりに吐いてくる始末。


いやいや、そもそもアンタにその権限無いし。





って事は

その権限を持っている者が
アンタの後ろに居るって
バラしちゃってる。



って事に気付いてないの?








んなもん後ろの人を含め大きなお世話。

上がる必要があればその時に
自力で上がるわい。




その時の為にこれまで色々仕込んで来たし
これからもそれを磐石にして行くわい。











俺の直属上司ってのが今以上には
絶対に上がれず、ウチの組織のピラミッドは
このままでは今後動く事は無い。


ってのが今の現状。


なので下は将来に何の希望も持てずで
腐って来ている。

更に近い内に、ウチのピラミッドの隣の組織から
お互いのピラミッドの統括者が選出されようとしている。


そんな事になったらウチの業務の事を
何も知らん者にアレコレ言われるように
なってしまう。





そんなの絶対駄目。

俺やりにくい。





なので、先は俺が自分の直属上司を越えて
行かなければならない。


そしたら俺んトコのメンバーは
上がれるチャンスが出来る。


っで、その先までの流れを作る事ができる。











って、あいつら俺がこんな事思って行動してるのを
コレぽっちも想像すらした事無いんだろうなぁ。



きっと俺の事、しょっちゅう何処かへ消えては
一生懸命サボってるとか思ってやがるんだろうなぁ。



あ、何か腹立ってきた。














お前ら俺のお陰で上がったら、
今度は本当に俺を楽にさせてくれよなぁ・・・

マジで。

















あいつら感付いてないだろうなぁ

計画のリミットはあと3年って事を







あいつら理解できないだろうなぁ

社内工作も営業の一環って事を















やり直し

会社を昼で上がって銀行へ。


こないだの銀行のチョンボのせいで
住宅ローン審査をやり直しになった。


けど銀行側のミスなので、本来の約束の
17日までには何とか間に合わせるとの事。




ホンマ大丈夫かいな・・・

見知らぬ電話

自分用の会社携帯がある。


今日コレに内線で電話が掛かってきた。



見ると名前が出てるけど全然知らない部署の
知らない人。


電話に出るとやっぱり知らない人。





もしかして・・・








今日用事で昼から出勤の際に咥えタバコやってた事か?

それともシートベルトの事か?









結果、全く予想の出来ない内容だった。




何とその知らない人から






「○○日の○○時は予定開いてますか?」

「食事に行きませんか?」





え・・・

何言ってんのこの人・・・

ってかアンタ男じゃん・・・










いや、

ってか、あなた誰???

つか、俺が何で知らん男とメシ行かなあかんの?








っが、ここでふと思った。






え・・・

もしかして・・・










っで、的中。












どうやら社長と、その知らない人が
食事に行く話になったらしいんだけど、
何と社長がその2人組の中へ自分を連れて来いと
御指名あったんだと。


っで、その知らない人が社長の指示で
自分に電話をしてきたと。



(あとで組織図見たら、その知らない人は
やっぱし上役の人だった)








う~ん、どうしよう・・・









今までは団交で顔を合わせるだけだったし、
怒らせるのが戦法とばかりにアレコレと
言っちゃってたのに、それが今度は単に
社長といち従業員で接しないといけない。




これは困った。





でも、あれだ。




もしかしたら、




跳馬か猛牛のどちらかに乗せて貰えるかもしれない。




うん、そうだ。



社長は絶対飲む。



そして俺はこないだ社長に下戸と伝えたし。

もしかしたら代わりに運転しろと言われるかも。
(跳馬でも猛牛でもいつでも貸したんぞ~って言われたし)







だったら






食事会は大アリか。




けど、




もしも普通のセダンで来られたらどうしよう・・・













アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: