車(プリウス)

プリウス当て逃げベッコリ 詳細

夜勤出勤で家を出て、通勤途中で会社コーヒー用のシュガーを買いにドラッグストアへ。

雪が降っている状況で濡れたくないのか店の入り口に車を突っ込んでいる馬鹿車が居る。
シルバーのワゴンRだ。


っで、ささっと買い物を済ませ店を出ると「あれ?なんでドアミラーが格納になってるの?」
2014_12_18_21_48_34















目線を下げドアを見るとベッコリ凹んでる・・・
2014_12_18_21_48_42
















2014_12_18_21_49_22




















特攻してきた相手は居らず暫し呆然・・・








どうやら店の入り口に停めていた馬鹿がバックで激突し逃げたと確定。
646545654

















店長さんを呼んでカメラの有無を確認するも面倒臭いっぽい対応で話にならない。


諦めて駐車場を出た所で

「あ!客は私を含め3人だ!もう1人は顔を見た!んじゃ残りのが犯人だ!」
「店内カメラには写ってるはずだし会員カードで買い物してたら個人情報もわかるぞ!」

警察呼んで確認してもらおう!っと思い再び店に戻り110番した。


10分程してシルバーのワゴンRが駐車場に入ってきた。
DSC_0458















おばさんと若い娘が降りてきて

「すいません、この車の持ち主ですか?私家に帰って車を見たら割れてたので(何が?)」
「もしやと思い来てみました。どうもすいません」

ここで疑問
まだ私の車を振り返って見ていないのに何で私に謝るの?
何で相手がプリウスって決め付けた話をするの?



それはプリウスにブツけたのを
認識してたって事だろうが!

一遍立ち去ったら当て
逃げだろうが!



私ブチ切れです。


ワレ○×○×ボケ○×○×○ボケ×○×○×ババァ○×○×○×犯罪○×○×○×逮捕○×○×○×クソ○×○カス×○×が!


罵声のあと、相手の車のリヤを見るとバンパーコーナー部分がバックリ2つに割れてメリ込んでる。

「こんなにツブれて気付かない
訳あるか!」


また罵声の嵐です。


隣の娘は何だと聞くと隣に乗っていたので一緒に謝りに来ましたと。

っで、このワゴンRのリヤには初心者マークが貼ってある。

「お前が運転しとってブツけ逃げたんやろ!それで親を身代わりにしてるんやろ!」
「オバハンそうやろ!白状せいや!

おばさん毅然とというかムっとした表情で、いえ私が運転しましたと言う。

それ以降一緒に謝りにきたという娘は私の問いかけに一切無視で誰かと電話で
話をしたり携帯ピコピコ触って事故の事などそしらぬ顔。





やっぱりこの娘が運転してやがったな・・・





保険が家族限定にしていないか何かでおばさんが運転していたとしないと困るっぽいな・・・

まてよ、そうなると保険が降りなかったら面倒だ、これ以上追求はヤメといた方がいいな・・・



ムッカムカしながら警察を待つこと更に15分。



警察に当て逃げと説明するも戻ってきたから当て逃げにはならないと言われた。
んじゃ人を轢き殺して立ち去ったら救護義務違反と轢き逃げになるだろと言うと黙ってやんの。

「調書やらが面倒やからって横着言うなや!」

怒鳴ると警察が

「証拠が無いもんで・・・」

「今来て1分で証拠がある訳無いやろ!お前等が調べろ!」


それでもブチブチ言い訳して動かない使えない警察官。

打っても響かない対応に段々と諦めな気持ちになってきたのでさっさと終わらす事にした。


その間に当て逃げ犯の旦那が雪降る中、自転車で登場。

名刺を出してきたので見ると●●委員?の理事長と書いてある。
ドコかの偉いさんらしい。

「お前誰や?」と言って名刺をソイツの足元にポイッと捨てました。

すると旦那と名乗ったので

「お前は関係無いやろ!出しゃばってくんな!」

と近寄らせない。

相手はおばさんのみなので身内であろうと一切関与させない。

こういう場合色々な人間と話をして後日話を振り返る時に「私はそんな事は言ってない」と
なったりしてあやふやにされるので、私は揉め事は当事者一点にのみ会話する様にしている。


それから警察が去り私は会社へ。


次の日、損保から連絡があり、くどくどとお決まりの言葉が並べられたので一発カマす為に
当て逃げの件を言うと向こうは寝耳に水だったそうでかなり驚いていた。

なのでこちらは無茶を言わないから、こういう事案なので、しのご言わず要求を全て呑めと内容を
伝え全部対応すると返答をもらった。


次に後輩の車屋に連絡しトヨタレンタでプリウスを持ってくる様に言い本日入れ替え完了。

修理上がりは来年になるだろうとの事で暫くは時期購入候補の新型プリウスが足となります。



もらい事故でも色々面倒なので何も無い方がいいが今回は本当に面倒臭い。




そうそう、損保と電話を切ってから当て逃げ犯から電話ラッシュが始まった。

多分損保から当て逃げと言われ私に対し弁明と異議の電話だろうが当て逃げ犯は損保に
自ら真っ先に委任し逃げたのだから私が直接話す事は全く無い。


損保からしたら悪質契約者なので何らかのペナルティがあるかも知れないが知ったこっちゃ無い。



これぐらいは相手も痛みを伴わないとこっちの気は少しも晴れないってもんだ。

プリウス当て逃げベッコリ

おいおい!
image


コラコラ!
image


(・・;)・・・
image

暇なんで大雪の北陸ぐるり一周

夜勤をしていて天気予報を見ると北陸は大雪だそうで。


雪道大好きな私はウズウズ。


朝に仕事が終わり大渋滞に備えコンビニで食料調達し7:30頃、名神高速に乗る。
DSC_0395
















DSC_0388















北陸道へ
DSC_0390
















DSC_0392
















DSC_0393
















DSC_0394















長浜でチラホラ雪が降ってきた
DSC_0397















と思った矢先にドンドン道が白くなり雪が降ってきた
DSC_0398
















DSC_0400
















DSC_0401
















DSC_0402















木之本ICで下ろされ料金所手前でスタッドレス装着チェックを受ける
DSC_0403















まさに大雪です
DSC_0406















途中SAでは雪が積もりまくり
ここで4時間程昼寝をしました
DSC_0407
















DSC_0410
















DSC_0411
















DSC_0412















まだまだ北陸道を行く
DSC_0413
















DSC_0415
















DSC_0416
















DSC_0417
















DSC_0418
















DSC_0419
















DSC_0420
















DSC_0421
















DSC_0422
















DSC_0423
















DSC_0425















ここで東海北陸道へ
DSC_0427
















DSC_0428















すんごい真っ白です
DSC_0430















飛騨白川PA
DSC_0431
















DSC_0433















ウチの車
DSC_0432















建物屋根には1mぐらい雪が積もってます
DSC_0434















岐阜へ向かいます
DSC_0436
















DSC_0442















-3℃と出ていますが道路の電光掲示板は-6℃となっていました
DSC_0446















ちょっとだけ停滞
DSC_0448
















DSC_0451















ひるがのを過ぎた辺りでぶわ~っと降ってきました
DSC_0453
















大人しく走り帰りの多賀SAで夕食をとり無事帰宅しました。

今装着しているスタッドレスタイヤは4年目でして溝がかなり減っているのでコーナーで
リヤが出まくりです。

何とか今期はこのままで来年履き替えようと思っています。




本日は12時間で450km程走りました。

いやぁ、それにしても雪道ドライブはホント楽しい。




家に帰ってからニュースで東海北陸道で通行止めや事故などが発生していたとありますが
ちょうど昼寝をしていた事により回避できたようです。








御嶽山の噴火を岐阜・長野から見に行ったら熊さんに出会った

御嶽山の噴火翌日の昨日9/28朝から見に行っってきました。

朝まで仕事してそのまま名神高速に乗り岐阜へ向かった。
DSC_0210















RIMG0078















RIMG0077















RIMG0081















これぞ快晴といった天気です
RIMG0083














下呂方面へ
RIMG0084















RIMG0086















RIMG0087















RIMG0088















RIMG0089















RIMG0091














濁河温泉へ向かう
RIMG0092














この辺りは展望最高で撮影してる方が多数居られました
RIMG0093















RIMG0095














到着
RIMG0096














奥に林道があるので行ってみよう
RIMG0097















RIMG0098














行き止まり・・・
RIMG0099














この時点で13℃と気温が一気に下がってます
RIMG0100















噴火なんて霧で全く見えない
RIMG0101















今夜はここを基地とする
RIMG0102















あれ?荷室マットが塗れてる?
RIMG0103















水タンクのコックが割れてる・・・
買い替えだなこりゃ
RIMG0104















米は車に3合積みっぱなしです
RIMG0105















2合にしとこう
RIMG0106















RIMG0107















RIMG0109















ここに来るまでに寄ったバローで食料は買っておきました。
前回のキャンプバーベキューで豚が美味かったので今回は豚と鶏を頂きます
RIMG0113















なんでこの御飯クッカーは適当でもこんなに美味しくコゲずに炊けるんだろう???
RIMG0116















RIMG0117















RIMG0124















塩コショウ&焼肉のタレで頂きます
めちゃウマです
RIMG0130














大好きなウインナーも買ってあります
RIMG0131




















テントも建てて寝る準備万端です
来る途中でしまむらに寄って暖かそうな服も買っており寒さは大丈夫
DSC_0211




















この後テントで寝ようとしたんですが時々、硫黄の匂いがするので近くに見つかっていない
噴火口が有ったりしたらちょっとやヴぁい気がして・・・
怖いのでテントその他を撤収し移動する事に。

ちなみにこの時点で現在地はこの辺です
Screenshot_2014-09-28-21-05-04
















んじゃ次は長野側から見たいので王滝村へ向かう事に。


まぁ!寒いと思ったら!
RIMG0139















カメラがショボくてうつりませんが星が凄く多く見えて綺麗です
RIMG0145















対向車も無い256号を行く
RIMG0151















途中「プシュー!」って音がして助手席足元を見たらポテチが破裂したようです。
標高1880m
Screenshot_2014-09-28-23-06-34















































カールはまだ無事でした。
RIMG0150















っで王滝村に着くと途中までで通行止めです。
RIMG0152















少し下った所に駐車して仮眠をとりました。
Screenshot_2014-09-29-01-09-32















寝ていると聞いた事も無いような機械音がするので起きると自衛隊機動車の車列が横を
バンバン走っていました。
RIMG0154















RIMG0155















RIMG0156















しかしここからでは何も見えないなぁ
RIMG0157















いや、少し見えるか?RIMG0160
















ちゃんと見たいので少し道を上がるとスキー場入り口にこんな看板が
RIMG0161















ここから噴火の様子が見えるので車を降りて撮影をする
RIMG0162




















RIMG0165




















RIMG0166




















RIMG0167




















RIMG0168




















RIMG0169




















RIMG0170




















RIMG0171




















昨夜の通行止めの所に行くと各局のテレビ中継車とマスコミ関係者でごった返してます
RIMG0172




















RIMG0175




















生中継もされていました
RIMG0173




















5分ぐらいで早々に退散し山を下って行くと雲海が出ていました
RIMG0176




















RIMG0177




















RIMG0178




















麓まで下り街中を走っていると前の車が急停止!

見ると反対車線側のフェンスに猿が居て暴れてる!

「おお~、デッカイ猿だなぁ~」と見ているとそいつは四つん這いで走り出したので

「何だ、犬か。にしてもデブっちょな奴だな」と思って見ているとこちらに走ってきました。

「ん?犬?いや違う!熊じゃんか!」

ゴガァ!フガァ!と何やら御立腹の様です。
私の横に来て少し戻って消火栓を足場にフェンスを乗り越えて消え去りました。
RIMG0179




















真横に来た時は「うおふっ!」と思いましたがすぐに移動したのでちょい安心。
ってか熊って頭良いし器用ですねぇ。

私の後ろはテレビ局関係の様でカメラ持って追っかけて行きました。

やっとキャンプデビュー!ブラっと飛騨高山へ

秋になったらキャンプデビューと考えていましたが暇があるので毎日うずうず。
まぁ、とりあえずやってみようとキャンプグッズをプリウスに積み込み会社へ出勤し
夜勤明け8/5日に下道トコトコ飛騨高山を目指す。
高山を選んだ理由は標高が高いので涼しいだろうと考えた為です。

今回車で行ったのは「バイクは暑い!!!」からです。

天気は晴れ間も出るが基本曇り空で天気予報も曇り時々雨。
DSC_0258














DSC_0259














途中道の駅でトイレ休憩
ここは人でごった返しており駐車場も待ちありでした。
野菜などで賑わっていましたが欲しい物はないので何も買わず。
DSC_0260














白鳥辺りから山が深くなってきた。
若い頃は冬になると何度もこの道を走ってスノボーに行ったもんです。
この少し手前のバローで食料買い込みしました。
DSC_0261














16:00頃、ひるがの高原を抜け高山を目指している途中で、お!っと思ったポイントがあり
プリウスで帰りに登れるか微妙な未舗装の坂道を降りてみた。
DSC_0263














道の突き当たりに釣り人が火を使っていた様で炭の跡がある。
よし!ここでキャンプだ!

場所はココです
screenshotshare_20140805_160304










































標高794mです
screenshotshare_20140805_224940










































説明書は見ずで10分切るぐらいでとりあえず設営。
簡単テントです。
DSC_0264














コットも組み立てたがやっぱデカイ・・・入るのかよ???
DSC_0265














何とかギリギリ入った
DSC_0266














DSC_0267














横は荷物を置くぐらいのスペースはある
DSC_0268














テントはOK。
朝からわざと何も食べておらずお腹ペコペコなので次は食事の用意を。
まずは御飯を炊いてみる。

米は家からビニール袋に2合と3合に分けて持ってきていたので2合を炊いてみる。
DSC_0269














ちなみに気温は25℃
DSC_0270














始めはちょい強火で煮立ちが収まってきたら弱火でトコトコ待つ。
DSC_0272














途中何度か炊き上がりを確認しちょっと早いかな?ってぐらいで火を止める。
蓋を1ミリほど開け20分蒸らしでバッチリ美味そうに炊き上がった。
初めてだが上手く行っって良かった。
DSC_0273














次は肉だぁ!
DSC_0274














おつとめ品の安いのを買った
DSC_0275














クーラーバックに入らなかったのでベキベキに折って入れてました。
DSC_0276














まずは豚肉を
DSC_0277














焼き目が付いたら塩コショウを両面にパラパラと
DSC_0278














ウマー!(゚д゚ )
豚だけで御飯無くなっちゃいそうな勢いです
DSC_0279














そうそう、椅子は以前から車に積んでいたコメリの折りたたみ椅子です。
DSC_0281














本来は高い所の物を取る時の足場台なのでとても丈夫です
DSC_0282














途中小雨が降る中ですが、いい時間が流れてます。
それにしてもガスでバーベキューは準備3分と早く炭の片付けも無いので楽チンです。
DSC_0283














牛肉は脂身が無いのでギシギシとしておりあんまり美味しくない・・・
DSC_0284














御飯完食!肉も全部たいらげました
後でわかった事だがテーブルが飛んだ油で酷い汚れ様です。
これからは地べたで焼こう。
DSC_0285














食器は洗剤は使わず水とスポンジでゴシゴシ洗いました。

さて、日も暮れてきたのでテント内へ。
煙草・灰皿・お茶・缶コーヒーを持ち込みスマフォをイジり倒して眠気を待ちます。
DSC_0286














身長185cmで足を伸ばしてギリギリ寝れます。
このテントとコットの組み合わせは上手くいきましたね。
ランタンは画像の通り明るさ抜群で心強かったです。
DSC_0287














ここでちょっと怖い体験が・・・

この夜は無風でシトシト雨が降っている状況でした。
眠くなりランタンを消して真っ暗な中意識が無くなって暫くすると

カサカサ・・・
ん?(つд⊂)ゴシゴシ

ガサガサ・・・
んぉ?(゚∇゚ ;)
ゴワッシャシャアアア!!!!
なんだなんだ!!!(
゚Д゚≡゚д゚)

っとテントを叩くかの様に音がしてテント揺れまくり急にピタっと止みます。

最初は風だろうと無視してたんですがまた同じ事が起きるので
勢いよく外に出ると何も居ないし風は全く吹いていない。
食料は全て車の中で動物の仕業では無さそう。

ランタンを付けると何も起きず消すとまた・・・

ちと怖いのと湿気が凄いので半寝でウトウトし気が付けば5時半に。
DSC_0288














天気が悪く雨なので朝食を作る気がせず撤収する事に。

朝の気温は22℃
DSC_0290














この場所に下りる時に帰りは登れるかと思った坂は勢いを付けて腹下ガショ!と
擦りながら何とか上の道に戻れました。

帰りのひるがのは大雨の濃霧でこりゃ撤収して正解だったかな。
DSC_0292














DSC_0293














白鳥までくると雨は上がっていたので周りから見えない所に車を停めて朝食を。

ベーコン塩コショウ
DSC_0298














フランクフルト
DSC_0299














網では焦げるだけで火が通らなかったのでパンでフランクフルトの棒を抜いて焼く
DSC_0303














マスタードを乗せてふはふは美味い!
DSC_0304














食材はあとまだ食パン・ハンバーグ・チーズがあり、サンドイッチを作ろうと
思ってたんですが雨が降ってきたので止めた。

すがきやラーメン(袋)もあるんだがこれも止め。

途中からさっきまでの天候とはうって変わって岐阜市内から自宅まですんごい晴天。
帰りも高速使わずトコトコ帰りました。

今度は天気のいい日に行こっと。
しかし昨夜のアレは何だったのか未だに謎のままであった・・・
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: