せっかく調べたんだし残しとこう。








単身暮らしにはデカ過ぎるこの洗濯機
DSCN5272


























先日、何度乾燥するも生乾きになってしまう状況になった。

原因は排水経路の詰まり。



ちょっと苦労しながら詰まりを除去した。



っが、バクテリアのせいか以降の洗濯は臭い匂いが
付くようになった。



んで対策をしようと色々調べると、槽洗浄をするしかないと。


その際に使用する洗浄剤には大きく分けて酵素系と塩素系
がある。

酵素系は汚れは取れるが、大きな物が槽内に浮きまくってしまい
槽外に流れて行かないらしい。

塩素系は効果抜群で強力に汚れが落ち、溶かすので
酵素系よりは後始末が楽でいいそうな。



っで、アマゾンで洗浄剤を見ると成分は次亜塩と界面活性剤
が入ってる。


ならばと、とりあえず次亜塩38%を1000ml用意した。












仕事から帰った夕方から作業開始。



槽クリーンモードで運転開始。

補水の途中で次亜塩を超多過ぎの500ml投入し再スタート。

攪拌途中で一時停止を何度も繰り返す。

すると水が少し濁り何か浮いてきた。

そんなこんなで洗浄に6時間掛けた。


濁水を流しきってから水洗浄


結果、生臭い匂いは全くしなくなった。






あとは槽内に残ったブツを拭き取り、洗濯物無しの
すすぎ洗い洗濯を2回行い終了。


ここで大事なのは終了してから排水口のトラップを
掃除する事。





試しに洗濯物を洗ってみると、見事に洗剤の残り香の
良い匂いに仕上がった。








手間が掛かったけど効果に満足です。