毎年冬になるとめっちゃ寒い中、遠出して車中で寝たりしてます。

しかし車って寝床の下に何か敷かないと底冷えしてたまりません。

車には100V仕様の寝袋みたいな物を積んでるので、
これを使えば全然寒くはないんですが起きたら汗だくで
喉カラカラになってしまって、やっぱり起きてしまう。

今までの経験からすると自分の体温をキープして暖を逃がさずが一番熟睡できます。

そこで何かいいアイデアはないかと考えてまして。


ありました!これです!
2013_09_14_03_55_55


え?何だこりゃって?

これは緩衝材のプチプチです。
しかも大型の精密搬送に使われる物で、プチプチの粒の
直径が1個32ミリもあり高さも13ミリあります。
2013_09_14_03_55_25


これは会社に山の様に捨ててあるので手頃な大きさのを
拾ってきた物です。

こいつを2つに折り畳んで160×50センチにしました。

これなら車内の床と空気の隙間ができて体温が奪われない・・・と思う・・・です。


いきなり本番で使い物にならなかったらシャレにならないので
また寒くなったらちょっと試してみます。